ハウスキーピング協会

お問い合わせはこちら
携帯サイトはこちら
整理収納アドバイザー アクティブメンバーズ 募集中!!
<法人向け> ビジネスサポートサービスのご案内
求人なび
コンペティション本選
毎年混戦を極める整理収納コンペティション本選。今年も全国の予選会を勝ち抜いた新人部門4名、プロフェッショナル部門4名による、熱のこもった20分間のプレゼンテーションが行われ、レベルの高い発表に参加者が熱心に耳を傾けました。

プロフェッショナル部門

最優秀賞:小川 奈々さん(東海予選会)
夫婦の危機を救った整理収納
危機的な人間関係を解決するための一歩踏み込んだアプローチに関心が寄せられた作品。整理収納を通じて互いを思いやる心や信頼を得るまでの過程で、整理の概念が適切かつタイミング良く使われていた点が秀逸であったことが評価されました。
準グランプリ:吉川 永里子さん(東北予選会)
快適なワードローブを手に入れるために~誰もが納得できる適正量を考察する~
仮説を立て、それを実証するために365日分の洋服のコーディネートを考え写真に撮るという研究発表の形が評価された作品。努力の裏には、適正量への気づきを促したいという整理収納アドバイザーとしての経験と信念や愛情が感じられました。
小川 奈々さん(名古屋2期) 夫婦の危機を救った整理収納
河田 真里さん(福岡5期生) 「無駄ニモマケズ」税理士事務所発 整理収納アドバイザー経由
クライアント行き 人とお金が幸せになる整理収納術
藤原 友子さん(福岡8期) 育てよう!心のモノさし
~現代社会を生き抜いていく子どもたちのために~
吉川 永里子さん(東京13期) 快適なワードローブを手に入れるために
~誰もが納得できる適正量を考察する~
プロフェッショナル部門では、異なる4タイプのテーマが出そろいました。アドバイザーとして出来る最大で最善の方法はなにか? 多くの経験を積んだアドバイザーだからこそ導きだせる事例と研究は、すべての整理収納アドバイザーの刺激と感動を生む発表となりました。

新人部門

最優秀賞:寺島 恭子さん(札幌予選会)
老老介護を支える 冷蔵庫の整理収納
今、もっとも身近なテーマの一つである老老介護を取り上げた作品。明るさやストレスフリーを重要視し、クライアントのプライドを傷つけないなど、人の気持ちを大切にした冷蔵庫の整理収納を紹介した点が大きく評価されました。
砂塚 こずえさん(東京53期) 整理収納アドバイザーの大切な役割とは!!
寺島 恭子さん(札幌5期) 老老介護を支える 冷蔵庫の整理収納
藤貫 桂子さん(東京54期) 遺品整理の現実とその対処方法
山口 清美さん(広島9期) 服の収納 ~適正量を知る~
新人部門では、老老介護や遺品整理など、現代社会においてますます身近で深刻化する問題と整理収納の必要性を強く感じるテーマのほか、アドバイザーとして大切にしたい役割や、目標を立てて実行する服の適正量を知るなどをテーマとした、実践的かつ新人アドバイザーらしい発表が出そろいました。

懇親会&スイーツ交換会

11月21日に開催されたコンペティション終了後は、会場を移してアドバイザー同士のひろがりとつながりを強固にする懇親会が開催されました。おいしい料理と楽しい会話で最高の盛り上がりを見せるなか行われた恒例のスイーツ交換会。各人が持ち寄ったスイーツやご当地銘菓をアピールポイントに、ベテランから新人まで垣根なく交流。アドバイザーのさらなるパワーがチャージされる場となりました。