キャリアチェックリーダーとは…

キャリア認証を受けるアドバイザーのもとへ実際に足を運びパーソン・トゥ・パーソンで、整理収納サービスの実績を確認し資質を見極める役割を担う、CCS制度の要がキャリアチェックリーダーです。

全国で100~150名程度までの定員を設け、協会が力を入れて育成します。

1kyu_work111kyu_work12

チャレンジするメリット

  • ▷ 集合研修を受け、コミュニケーション力・観察力・ヒアリング力が格段にアップ。日常の仕事にも大きく役立ちます。
  • ▷ 中間課題にて、研修生同士で「キャリアチェック」を行うため、自身のキャリア認証を取得できます(※1)。
  • ▷ キャリアチェックにおいて他のアドバイザーの活動を、つぶさに見ることができます。
  • ▷ キャリアチェックの仕事を、協会から請け負うことができます(※2)。
  • ▷ CCS説明会をスキルアップ講座等として開催することができます。

※1.サービス実績が基準に満たない場合は、この限りではありません。
※2.キャリアチェック(実地調査)は、協会の認定を受けたキャリアチェックリーダーのみが行える仕事です。

育成の流れ

下記「キャリアチェックリーダー申込みフォーム」より申込み

応募用紙に必要事項を入力し、メール添付で提出
excel_iconキャリアチェックリーダー応募用紙

書類審査の上、締切後に合否をお知らせします

チェックリーダー集合研修(14時間/2日間)

中間課題(キャリアチェック/期間:約1ヶ月)

試験(筆記・口頭試問)

合否連絡(※3)  ※3.不合格の場合、再試験が可能です(再試験料:21,600円)

活動スタート

 

集合研修の概要

日程 14時間/連続2日間
応募資格 整理収納アドバイザー1級
研修内容 ・CCS 制度の仕組み、目的
・CCリーダーとしてのセルフマネジメント
・CCリーダーとしてのセルフブランディング
・コミュニケーション、対話力、観察力の知識とトレーニング
・フィードバックのための語彙力、表現力のトレーニング
・キャリアチェックの手法と諸手続きについて
中間課題 同じ期の研修生同士で相互にキャリアチェックを行う課題です。
移動にかかる交通費については、ご自身で負担いただきます。
研修生同士が遠方である場合は適宜柔軟に対応いたします(※4)。
※4.個別ケースごとに対応しますので、研修の際にご確認ください
募集定員 各回15名程度
開催日程 スケジュールはこちらからご覧いただけます
研修受験費 49,800円(消費税、諸費用含む)※5

研修受験費に含まれるもの
集合研修の受講(2日間)、研修テキスト、中間課題の審査、
筆記試験、口頭試問、認定証(合格者のみ)

認定証 あり
資格の更新 3年(予定)
不合格の場合 再試験あり(再試験料:21,600円) ※5

※5.研修受験費、再試験料は、今後変更の可能性があります

申込みフォーム

お申込み前に

main@housekeeping.or.jp からの自動返信メールを受信できるように、迷惑メール等の受信設定をご確認ください。
携帯会社のメールアドレスの方は、必ず指定受信設定をしてからお申込みください。PCのメールアドレスをお持ちの方は、なるべくPCからのお申込みをお願い致します。
24時間以内に自動返信メールが届かない場合はお問合せください。

≫お申し込み後のキャンセルは、マイページより行ってください。
キャンセル規程はこちらをご覧ください。