[試験形式変更のお知らせ]

2022年7月1日以降のお申込み分より
「プレゼンテーション形式」から「口頭試問形式」に変更となります。
研究発表資料の内容を発表後、試験官からの質問に答えていただきます。
※他の受験者は同席しません。
研究発表資料はこれまでと同様、提案編・作業編から選択して作成し、事前に提出していただきます。
会場受験・動画提出はなくなり、オンライン受験のみとなります。

 

※以下の試験まで、現行のプレゼンテーション形式で行います。空席があるのは以下の会場です。

大阪会場(7月15日)、東京(8月12日)、沖縄(8月13日)、広島(8月26日).札幌(10月予定)

整理収納アドバイザー1級2次試験概要

試験形態 口頭試問
(試験官の質問に対して、受験者が口頭で答える形の試験)全員に試験説明の後、一人ずつ受験
※他の受験者は同席しません。
提出資料 研究発表資料提出(試験日の4日前まで)

研究発表資料制作の手引き.pdf
研究発表テーマ表.pdf

試験方式 ZOOMを利用したオンライン試験

※以下2点が必要です。
・ネット環境
・スマートフォン または
カメラ、マイク、スピーカーが付いた機器
(パソコン、タブレット等)

試験時間 所用時間 約60分(説明・待機時間含む)
うち 約10分~15分/1人
受験料 19,800円(税込)
受験資格 整理収納アドバイザー1級1次試験合格者
受験票
なし
評価の
ポイント
決めたテーマについて誠実に課題に取り組み、整理収納アドバイザー理論を使ってクライアントの希望に添った提案をし、気づきや効果をもたらしているか。
また、アドバイザーとしてのコミュニケーション能力や、将来性を考慮して評価します。
合格発表 約1カ月後に郵送
合格基準/合格率 合格基準 80点以上合格
合 格 率  80~90%
※試験結果についてのお問合せにはお答えしておりません。
注意事項 受験日までにご自身でネット環境や接続確認等を行ってください。

以下のような環境での受験は認めておりません。
・ご家族やペットと同室での受験。
・カフェやお店での受験。
・画面をバーチャル背景にする。
・ご不明な点は1級事務局までお問合せください。
info@housekeeping.or.jp
03-6300-5277

取得期限 期限なし
※準1級認定講座受講日から2年以内を推奨。

 

2次試験受験までの流れ

●研究発表資料を作成する(事前)

以下2点をダウンロードしてください。

研究発表資料制作の手引き.pdf
研究発表テーマ表.pdf

「研究発表資料作成の手引き」をよく読んで、研究発表資料を作成してください。

※ダウンロードが難しい方は、1級事務局までお問い合わせください。

●研究発表資料を提出する(4日前までに到着)

「研究発表テーマ表」と「研究発表資料」をメールまたは郵送で提出してください。

●口頭試問試験を受ける(試験日)

Zoomを利用したオンライン試験 所用時間 約60分(説明・待機時間含む)
※試験日の前日までに、Zoom招待URLがご登録のアドレスに送られます。

最初に全員に試験説明後、一人ずつ受験(10分~15分)
※他の受験者は同席しません。

お申込み注意事項

※お電話・メールでの受付けは致しておりません。

※お申込み後のキャンセルは、マイページにログインして行ってください。

※日程変更は、一旦キャンセルをしてから新たな日程にお申込みください。
1級試験キャンセル料 >>

※支払い方法変更のご連絡は不要です。(キャンセルの必要はありません)

新規アカウント作成 >>